Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リネンの歴史

リネンの歴史は古く、今から一万年以上も前に遡ります。紀元前八千年にティグラス・ユーフラテス川(イラン・イラク・トルコ・シリアの辺り)付近にリネンの原料となるフラックスが生えていたことが確認されていることから、リネンは人類最古の繊維と言われています。

また、紀元前3500年頃のエジプトにはリネンの売買がありました。他にも、ミイラを巻くために使われたり、聖書によればキリストの遺体を覆った布もリネンだそうです。

そして時を経て、中世ヨーロッパ貴族の嫁入り道具として使われていましたが、だんだんと一般家庭にも広がっていきました。

今でも、一流ホテルやレストラン・正式晩餐会などでは必ずリネンを使用します。

そんな歴史のあるリネンですが、日本では残念ながらあまり馴染みがありません。

日本国内でも、1887年頃から1960年代後半にかけて、フラックスの栽培が行われていたようですが、それ以降リネンの原料はすべて輸入に頼っています。ヨーロッパにおけるリネンの歴史の奥深さは、このことからも一目瞭然です。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/25(木) 15:15:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。