Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニア~リネンの旅 ⑤リネンメーカーへ 2011.3.30

リトアニアでの感動の対面、その余韻に浸るのも束の間・・・
たった今、もはや空想上の人物では無くなった目の前の
相手に促され、彼女の愛車に乗り込むと、私達を乗せた
BMWは曇り空の田舎道を颯爽と飛ばした。

初めて目にする北緯55度の景色・・・
長い冬が終わりを告げ、ようやく雪解けを迎えた壮大な
平野も、灰色の空に映し出されどこか物悲しい。

一見して日本との違いがはっきりと分かるのは、その広野
を見渡す限りにも、果てしなく続く一本道のその先にも、
山らしい山が一向に見つからないこと。
道路わきを飾る背の高い木々は、その細く繊細な枝先を
四方に伸ばし、景色全体を柔らかな印象に仕上げる。

今年、北ヨーロッパをはじめ世界各地を悩ませた大寒波は
ここリトアニアにも例外なく訪れ、恐らくこの土地も人々も
過酷な冬を強いられたに違いない。
春遠からじと言えど、未だ氷で覆われた湖や行く先々に見られる
雪の残積が、長かった冬を物語る一方で、緑多く実り豊かな
なこれからの季節に向い、ようやくこの地に活気が取り戻され
ようとしているのを感じることができる。

何もかもが新鮮で辺りを食い入るように見つめる私の隣で
運転手はいたって小慣れた面持ちでハイウェイを飛ばす。

さて、私達が向かう先はリトアニア第二の都市カウナス。
ここはLinenKids社の拠点でもあり、取引先のリネンメーカー
のうち一社の所在地でもある。
これからそのメーカーとの打ち合わせがある。

相変わらず降り止まぬ雨の中、私達は車を降り、目的地まで
小走りで雨を交わした。
木製の重厚なドアを開けると、そこには色とりどりのリネンの
グラデーションをバックに、一人の男性と品の良いマダムが
物静かに佇んでいる。
リネンの会社を立ち上げると決め、右も左も分からぬうちに、
創業当初はじめてコンタクトを取った相手だ。
二人は静かに微笑むと、握手を求めて手を差し伸べた。

自宅の小さなパソコンから始まったリトアニアリネンの旅は、
遥か8,000km離れたこの場所に繫がっていたのかと思うと、
なんとも言い難い感動がある。

リトアニアに来てから既に二つの出会いを体験したが、
小さな奇跡が重なりあってついに実現した巡りあわせは、
生命の誕生にも似て、不思議であり、貴重であり。

それから私は美しいリネンに目を奪われ、お土産と言う
名目で、棚からその数点を見繕い、マダムの華麗な裁断
を見届けた後、いよいよ本題の打ち合わせに入るのであった。


735_convert_20110426195015.jpg


740_convert_20110426191242.jpg


スポンサーサイト
  1. 2011/04/21(木) 22:49:22|
  2. リトアニアリネンの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。