Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニア~リネンの旅⑧2つのリネン工場へ 2011.3.31

はじめての国でのはじめての仕事は、ワクワクと緊張感の
連続である。
張り詰めていた神経は、昨夜ホテルに戻ると一気に解放
されたが、興奮の余韻からは未だ冷めず、そこに時差
も加わって、今朝も早くから目が覚めた。

今日は、取引先の2つのリネンメーカーを訪問することに
なっている。自分が惚れ込んだリトアニアリネンとうい布、
そして自社の取り扱う製品が、どんな所で、どのように、
どんな人たちの手で作られているのか...創業以来ずっと
思い描いていた空想が、これから現実のものとなる。

インドレの運転する車を飛ばして約2時間ほどだっただ
ろうか、市街地から外れた田舎町に、その古い工場
はあった。リトアニアの複雑な歴史を潜り抜け、旧ソビエト
の時代からたくましく経営を続けるその工場は、
リネンテキスタイル全盛期に比べると、大分規模を縮小
したようだが、今でも伝統的な技術で生まれた数多くの
リネン織物が、ここから世界各国へ送られている。

059_convert_20110610113641_convert_20110610113934.jpg

いえいえ、こちらは現在使われている機織り機ではなく、
昔使われていた手動の物で、工場の入口に展示されていた
物です。

058_convert_20110610115509_convert_20110610115647.jpg

こちらもフラックスを生地に精製する過程で使う器具の一つ。

071_convert_20110610122019.jpg

現在の機械はこのような感じです。

工場内は生地精製の工程によりいくつものセクションに分かれており、
それぞれのセクションで黙々と作業が行なわれている。

072_convert_20110610150841.jpg

こちらは繊維から生地を織る工程。

077_convert_20110610152449.jpg

人による細かな作業も行なわれます。

079_convert_20110610152925.jpg

縫製部門の女性達。
リトアニアの女性のほとんどが仕事を持っているのだとか。
現地の女性達は実に良く働きます。

リネンはフラックスと呼ばれる1mほどの背丈の一年草から
取れる繊維であるが、1万年以上も前から存在する
人類最古の布だと言われている。
古代エジプトで誕生したその布の製法を
いつしかリトアニアや他の国々が受け継ぎ、
現代でもこうして人々の生活に関わっている。

リネンは他の繊維に比べ手間とコストのかかる素材であるが、
栽培において農薬がほとんど使われていないなど、地球
にも人にも限りなくやさしい繊維である。
しかし、安価な繊維の登場によりその生産量は激減し、
今では繊維全体の消費量のうち、リネンの消費量は
ほんの数パーセントにも満たない。

ベッドリネン、テーブルリネン、リネン室...など、
コットンが主流になった今でも、リネンが人々の生活に
溶け込んでいた時代の名残で、これらの言葉がそのまま使われ、
当時のリネン文化を物語っている。

人々がもう一度リネンの素晴らしさに気付き、
再びリネンが人々の生活に根付くようになれば
どんなによいか。そして、仕事を通じ、自分も
そこに関わることができたらどんなに素晴らしい
ことだろう・・・

一万年の歴史を旅した夢は、日本という、リネン普及の次なる
目的地を見据え、一つ目の工場を後にした。




スポンサーサイト
  1. 2011/06/10(金) 11:05:07|
  2. リトアニアリネンの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。