Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニア料理

リトアニアの食文化は、その寒く湿った北ヨーロッパの気候に

根付いており、地元で育つ大麦、じゃがいも、ライ麦、ビーツ、

青野菜や果実、またキノコ類などを使った料理が古くから食べられ

ています。

気候や農耕技術が同じ事から、特にポーランドやウクライナ料理とは

類似点も多く、またスカンジナビア諸国やハンガリー、ルーマニア

とも多少の共通点が見られます。

それでもなお、その長い歴史の中で様々な影響を受けながら

独自の食文化を築いてきました。


さて、今回はそんなリトアニア料理の中でも夏の定番スープとして

知られるSaltibarsciai(シャルティバルシェ)と、ジャガイモの

郷土料理Cepelinai(ツェペリナイ)を作ってみました!


今日はスープの作り方を公開いたします!

ビーツ小1個(200g)を丸ごと一時間ほどゆで、
竹串が通ったら上げて皮をむき、5mmほどの角切りにします。


1005058_518698501511314_1574186968_n_convert_20130623121808.jpg

(酢 大さじ4、水 大さじ2、砂糖 大さじ2、塩 大さじ1/2)のマリネ液に
角切りにしたビーツを浸しておきます。


1013403_518698461511318_34122645_n_convert_20130623121956.jpg

ビーツに、サワークリーム2カップ、水2カップ、砂糖 大さじ1、酢 大さじ2を加え
混ぜ合わせ、塩コショウ適量で味を調えてから冷蔵庫で冷やします。


1010922_518698448177986_149584757_n_convert_20130623121920.jpg

鮮やかなピンク色のスープができました。

1017255_518698378177993_1514964413_n_convert_20130623122009.jpg

スープが冷えたら器に盛り付け、みじん切りにした玉ねぎ、きゅうり、
卵などを盛り付け、ディルやイタリアンパセリのハーブを飾って出来あがり♪


1005251_518698344844663_480142892_n_convert_20130623121848.jpg

夏の疲れも吹き飛びそうな、色鮮やかなリトアニアの冷製スープ、
是非挑戦してみてはいかがでしょうか。^^

1003647_518698808177950_1802745753_n_convert_20130623121752.jpg

Little Lithuania (リトル・リトアニア)

Facebookページも宣伝

  1. 2013/06/23(日) 01:09:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。