Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニア大使館で展示会&レセプションパーティ

前回の投稿でもお伝えいたしましたように、6月5日~7日まで、

東京ビッグサイトで開催されたInterior Lifestyle 2013

リトアニア合同出展が行われたわけですが、この開催に合わせ、

Little Lithuaniaの展示会を、なんとリトアニア大使館

で開催させていただきました!!

998245_514882068559624_2027277777_n_convert_20130611221802.jpg


今回は百貨店バイヤー様に向けた来季AWの展示会で、

リトアニアのウール製品を初め、秋冬用の服や小物が

展示場に並びました。

999883_514882095226288_1126362427_n_convert_20130611221815.jpg

941933_514882048559626_454026629_n_convert_20130611221720.jpg


ここ最近はリトアニアリネンも以前にくらべ

徐々に認知されつつあるものの、リトアニアの製品はまだまだ知られていないのが

現状です。ですが、リトアニアの製品を実際に見ていただき、同国の

産業や歴史、文化を交えたお話をさせていただく中で、十分に手ごたえを

感じる商談となりました。そういう意味で、今回大使館をお借りして

このような機会が持てたことはとても意味があったと思います。

これからも、リトアニアの製品を日本に紹介し、更なる普及を目指し、

リトアニアと日本の架け橋となるべく頑張って行きたいと思います。

Meilunas大使をはじめ、今回の展示会開催を支えてくださった皆様、

本当にありがとうございました!!


さてさて、

展示会が終わって緊張が解けたのも束の間、夕方からはリトアニア大使館にて、

リトアニア合同ブース出展者10社の参加者の皆さんの歓迎レセプションパーティが

行われました!

954835_514881941892970_1388617475_n_convert_20130611221749.jpg


静かだった大使館がみるみる来客者で溢れ、

各々が飲み物を片手に、準備されたリトアニア料理をつまみながら

それぞれ交流を楽しみました。


この日のお料理は、ビートスープ、ライ麦とチーズのおつまみ、

ハーブのパンケーキ、キビナイ、チーズ、サラミなどなど、

リトアニアを代表するメニューが並び、あっという間に

みんなのお腹の中へ...(笑)


ドリンクはビール、ワインはもちろん、リトアニアのハーブティ

をミックスしたサングリアや、リトアニアの発砲ドリンク

ギラなど、来客者の注目を浴びました。

946490_514882001892964_295165265_n_convert_20130611221733.jpg


お腹も満たされ、Meilunas大使のスピーチが始まります。

今回の合同展示会の開催、リトアニアと日本の団結、そして

交流を何よりも喜んでいただいたのは、Meilunas大使です。

今後も、両国のサポートメンバーが一丸となり、

更なるイベントや取り組みが行われる予定です。


今回の来客者の皆様は、日本を代表するファッション業界の

方々や、各業界の第一線で活躍する方々が集まりました。

両国のクリエイティブでスキルフルな皆さんと、これからどのような

展開が繰り広げられるのか、とても楽しみです。


この3日間の展示会に向けて、リトアニア側と日本側双方の

チームが長い時間をかけて一生懸命準備をしました。

そしてその努力が実現化し、双方がこうして顔を合わせる瞬間には

何とも言えない感動があります。

184448_514881715226326_1009217068_n_convert_20130611221649.jpg


展示会が終わり、リトアニアの皆さんはそれぞれ残りの滞在を

楽しまれ、無事リトアニアへと帰って行きました。


今回の出展者には女性の方も多く、皆ちょうど自分と同年代ぐらいで

個人的にも働くママたちの頑張りっぷりには元気付けられるものが

ありました。会社でもそれぞれ重要なポジションを担う彼女たちは、

こうして国内外の展示会などで子供を残して出なくてはならない

ことも多く、滞在中も子供さんの写真を嬉しそうに見せてくれたり、

家族からのメールが来たと言っては喜んだり。

かと言って、そんな子供たちを徒に心配するわけでもなく、

寧ろ、自分たちの仕事に誇りを持ち、私たち日本人が考えるよりも

もっと楽に、柔軟に子育てを捉えているように見えました。

同じ境遇の私も、そんな彼女たちから少し自信をもらった気がします。


やはり世界は広いです。

どんな国の人たちも、生きていく上での生きがいを見つけ、

家族の幸せと自分自身の成長を願うのは同じですが、

その幸せの捉え方と、家族のあり方というものに対しては、

それぞれに違いがあるのかも知れません。


仕事とは別のところで、一人の母親としても収穫の多い

今回の出会いでした。














スポンサーサイト
  1. 2013/06/11(火) 08:28:31|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リネンシャツ | ホーム | Interior Lifestyle TOKYO 2013>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linenkidsblog.blog28.fc2.com/tb.php/153-2de51d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。