Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニアリネン誕生物語

遡ること16世紀、リトアニアでは、

農夫たちがフラックスの不作に頭を悩ませていました。

フラックスとは、リネンの原料となる植物のこと。

リトアニアでは古くから、フラックスを材料に生地が織られていたのです。

しかし、それまで使われていた地元の種は、

土地の気候に適さず、とても育てにくいものでした。



そんな農夫達の苦悩を見て、船乗り達は考えました。

他の地域から新しい種を持ち帰ってあげようと・・・

彼らが持ち帰った新種のフラックスは、

それまでの物より手がかからない上、よく育ちました。

少しの水と肥料ですくすくと、それまでの三倍にも

背丈を伸ばし、見事な葉っぱと花をつけたのです。



農夫たちは大喜び。

船乗り達が持ち帰った新しい種は、彼らにとって恵みの種となったのです・・・

この頃から、リトアニアリネンの近隣諸国への輸出が始まっています。



船乗り達の閃きと男意気、そして新しい種が救ったリトアニアの伝統。

今もなお世界で愛されるリトアニアリネンには、

こんな物語が詰まっています。

リトアニアフラックス畑
スポンサーサイト
  1. 2010/03/23(火) 16:29:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リネンの歴史 | ホーム | 呼吸するリネン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linenkidsblog.blog28.fc2.com/tb.php/37-f4b73674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。