Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニアのクリスマス

寒さも厳しさを増し、冷たい風が身にしみるようになってきました。
ついこの前まで、猛暑、猛暑と言っていたような気がしますが、
先日、北海道では-24度を記録したとか!?
想像しただけでも ブルブルブル・・・・<<-_->>>>
寒いはずです。

さて、the linenkids blogでは、リネンを通じてリトアニア文化にも触れてもらおう!
そして、リトアニアの方々にはここを通じて日本文化に触れてもらおう!
ということで、リトアニア文化、日本文化両方のカテゴリーを設けました。^^
まずは、日本の皆さんに向け、リトアニアのクリスマスの話題でも・・・
--------------------------------------------------------------------

「Kucios」 
これは、クリスマスに用意されるリトアニアの特別な料理です。
クリスマスが近づくと、イブの夕食に間に合うように、遠方の家族
達も方々から帰省し、食卓の前に家族の絆を確認し、このkucios
をみんなでいただくというわけです。
日本のクリスマスは、イルミネーションやプレゼントなど、お祭り的
要素が強いように思いますが、本来はイエス・キリストの生誕を祝
うためのこの行事は、リトアニアに限らず、キリスト教を信仰とする
国々にとって、宗教的な意味合いが強いようです。

kuciosには一切のお肉が入りません。
クリスマスイブを迎えるまでに、人々は部屋中を大掃除し、ベッドリネン
を真新しいものに取替え、イブの食卓に付く前に、家族全員が
お風呂を済ませ、きれいな服に着替えます。
イエスが誕生した馬小屋を象徴するわらが、まずテーブルの上に
平らに敷き詰められ、その上に、純白のリネンがテーブルクロスと
して掛けられ、お皿、キャンドル、モミの枝、お花などで装飾されます。

もしもその年に、家族の誰かが亡くなったり、なんらかの理由でkuciosに
参加できなかった場合は、その人のために空のお皿が用意されます。
姿は無くとも、その人の魂が他の家族とともにそこにあると信じられて
いるからです。

食卓には12種の料理が用意されます。これは、イエス・キリストに12人の
使徒がいたことに由来します。
全ての料理には一切肉を使用しません。
これは12種の料理の一つ、kuciukai というクッキーのような食べ物。
kuciosに欠かせない伝統的な料理です。ポピーシードミルクと呼ばれる
ケシの種から作られたミルクに浸していだだくようです。

これは食卓を囲む人数分ほど置かれるGod's Cakeと呼ばれるウエハース。
特定の地域ではこれらが、それぞれの教区から支給され、表面にはイエス
誕生のシーンが描かれています。

この特別な食事の意義、また食卓に出された料理を文句を言わず食べる、
という教えを通じて、子供達は食事への感謝の気持ちを学びます。

イブの夜、夜空に一番星が現れると、家族は食卓に集まり儀式を交わし、
家族の健康と幸せを祈ります。
食事は厳粛に行われ、会話やジョークはほとんどなされず、アルコールも
飲まれません。食事の後も席を離れることはなく、来年の家族の健康、
幸せ、また恋愛などについて占いながら、ゆっくりとした時間を過します。
--------------------------------------------------------------

リトアニアのクリスマス。今日はクリスマスの食卓について紹介させて
いただきましたが、日本のクリスマスと違い、とても意味深いもので
あるということがお分かりいただけたかと思います。
また、こんなところにも、リトアニア文化とリネンが深く関わっている
ことを知り、私自身も、また一つキラキラと輝く宝物を見つけた気持ち
でいっぱいです。^^

今では、ここまで厳粛にクリスマスを過す方も少ないようですが、
リネンキッズのスタッフのご家庭でも、イブの夜は一切の
お肉を食べないなど、今もなおこの伝統を引き継いでいるようです。

あるスタッフは、自分の母親が家族を持ったときに、そのまた母親から
譲り受けた白いリネンのテーブルクロスを、今でも毎年クリスマスのために
使っているとか・・・
それはもう古く、決して真っ白とは言えないけれど、今でもこの特別な日のために
大切に使っているのだと・・・
スポンサーサイト
  1. 2010/12/18(土) 12:05:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Japanese Christmas | ホーム | Lithuanian and Japanese culture>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linenkidsblog.blog28.fc2.com/tb.php/6-d70d8904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。