Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニア~リネンの旅⑥リトアニアンランチ2011.3.30

007_convert_20110508235612.jpg

メーカーとの対談も無事終了し、少しお腹もすいてきた。
初めて訪れた異国の地で、ランチにどのレストランを
選らぼうか?などの心配も無用。現地パートナーの
手厚いもてなしにより、地元にある雰囲気の良いレストランで
食事をとることになった。

しばらくすると、昨年広島で対面を果たしたリネンキッズ
創設者ユラテもやって来て、食事に加わった。
ドリミネーションに街が輝きはじめたちょうどクリスマスの頃、
リトアニアから遥々広島までやってきてくれた感動は今でも忘れないが、
今度はこうして、彼女のホームで出会えた喜びもまた一入である。

写真はリトアニアのビールとそのおつまみ。
ビールに合う、ほんのつまみのつもりで頼んだ料理はかなりの量。
パンを揚げてチーズをまぶした、サクッと香ばしい一品。

それにしても、リトアニアのビールは本当に美味しい。
旅の間に何度か、それぞれ違ったメーカーのビールを飲む機会が
あったが、普段からビール自体を飲みなれていない私にも、
あの深みは、日本のそれとは違うと分かった。

008_convert_20110508235725.jpg

さてさて、こちらはリトアニアの伝統料理シャルティバルシェ
付け合せのポテト。このピンク色の正体は、ビーツといわれる
赤い株のような野菜らしく、それにサワークリームも加わって
このような鮮やかなピンクになるのだとか。
ピクルスの具材も加わり、かなり酸味のあるお味だ。

009_convert_20110515091020.jpg

こちらは有名なツェペリナイ
モチモチしたジャガイモの衣にミンチ肉が詰まっている。
同席の二人に「本当に食べるのか?」と念を押されたのも納得。
うーん、なんとも言えない独特な料理だ。

それにしても、一品一品の量が多い・・・
残念ながら完食には至らず、ビールのおつまみは
速やかに「お持ち帰り」となった。






スポンサーサイト
  1. 2011/05/09(月) 00:01:05|
  2. リトアニアリネンの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リトアニア~リネンの旅⑦デザイナーとの出会い2011.3.30 | ホーム | リトアニア~リネンの旅 ⑤リネンメーカーへ 2011.3.30>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linenkidsblog.blog28.fc2.com/tb.php/67-be05c838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。