Little Lithuania

情報発信型リトアニアまるごとセレクトショップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス検定

Photo by Jurate

趣味の服作りを通じて、リネンという布に出会ってからというもの、

すっかりその魅力に引きつけられ、とうとう仕事にまでして

しまった私ですが・・・

「これからの自分の人生をこの布に賭けてみてもいい。」

そう思えるぐらい、リネンには、どこをどう取ってみても

揺らぎのない魅力がありました。

それは、歴史であったり、こだわりであったり、特徴であったり、

感触であったり・・・そして、最後の決め手となったのは、

きっと、それが地球を傷つけない最良の方法で

生産されている繊維だったからです。


最近、「ロハス検定」という試験があることを知りました。

仕事には直接関係のない試験かもしれませんが、

リネンという、ロハス的生活に沿った素材を扱っている以上、

挑戦してみる価値はあると思い、受けることにしました。

昨日、早速届いたテキストをパラパラっとめくってみると、

「生物多様性」

どこかで聞き覚えのある言葉が・・・。

リネンキッズも加入している「日本麻紡績協会」のページを見てみると、

生物多様性とは、「自然環境および地球上の全ての生命体との

相互関係を意味する言葉で、 地球上の資源を継続

できるように使用し、保護しようとするもの」

(欧州麻連盟CELC文書引用)

 とある。

 産業革命以降、以前と比べ一千倍を超える生物種が絶滅しており、

2010年、国連は生物多様性の保護を宣言し、その中で、

リネンも、未来の繊維としてかつてないほど注目されるようになったのです。

私達の住む地球がもともと備わった秩序を取り戻し、あるべき姿に

戻るため、リネンが少しでも貢献できるのなら、

それはとても素晴らしいことだと思います。

そして、そんなリネンの魅力をたくさんの方々に伝え、

もっともっとたくさんの皆様に、リネンを使っていただくことが

私達の使命だと思っております。

とりあえずは、ロハス検定の良い結果が

皆様にご報告できますように・・・。
  1. 2011/01/26(水) 22:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Japanese New Year's food and tradition

Do you have special food for New Year?
Probably in your country, Christmas  might be more important 
and meaningful than  New Years. But in Japan, we value more 
on the latter and the special New Year's food are prepared 
by mothers or grandmothers every year. 
The food is called Osechi.


 This is the picture of the Osechi which my husband's mother
cooked this year.  All the family gather at this house on the 
very first day of the year every year and share all this food
together.
The interesting thing is that all of each  dish  has special meanings.
Yellowtail has the meaning of success, the Beans means diligent and
the Lotus roots means the future for example.

During the New Year's holidays, family gather at their parents' house 
to celebrate the New year even if they live far.
















Many of us visit the shrines or temples and wish for health
and many other things. we throw some coins into the boxes
in the middle of the house and put hands together then 
make a wish.
Usually people don't tell the others what they wished.
because they believe that it wont's come true if they tell it others.

What did I wish?
It's a secret!







  1. 2011/01/11(火) 22:47:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木のおもちゃ

すっかりご挨拶が遅くなってしまいましたが、

皆様、あけましておめでとうございます。

皆様にとって2011年は、どのような新年の幕開けでしたでしょうか?

私自身は、去年を振り返り、反省する点もたくさんありました。

今年は意気込み新たに、皆様に少しでもご満足いただける

商品の提供、サービスに努めたいと思いますので、

今年一年、どうぞよろしくお願い致します。


さて、今日はリネンキッズの温もり溢れる木のおもちゃを

ご紹介させてください。^^

マウス&チーズサイズ:(厚さ×長さ×幅) 4×9×7cm

















リネンキッズでは、リトアニア産天然カバの木を使ったおもちゃを
数多く取り揃えております。
でも、リネンとおもちゃ??
 リトアニアリネン製品にこだわって商品を提供しているリネンキッズですが、
一見このおもちゃとリネンが無縁なのでは?
 と思ってしまいますよね。
でも、実はこのおもちゃのコーティングにリネンが関係しています。^^

 天然木は、自然の物ですのでお子様にも安心して使っていただけますが、
そのままでは傷みの原因にもなってしまいます。
でも、せっかくの天然の良さを科学的な材料で消してしまうのは、私達の
本望ではありません。
リネンキッズのおもちゃは全て、ビーワックス(蜜蝋)とリンシードオイルの
ブレンドでコーティングされています。リンシードオイルとは、リネンの原料
であるフラックスの種から取れるオイルです。
もちろん、両者とも100%天然の人に優しい素材ですので、小さなお子様が
口に入れても安心です。

繊細なカーブを糸鋸で切っていきます。

















やすりをかけ、丁寧にブラッシング


















日本におけるおもちゃの輸入に関する基準は世界でも特に厳しく、
そんな厳しい基準をクリアしたおもちゃだけが私たちの元へやってきて
それがお客様の手に渡ります。
そんな特別なおもちゃ、現地のおもちゃ職人さんたちが、
心を込めて一つ一つ手がけたおもちゃを是非、お手に取ってみてください。

おもちゃには全てリネンの袋がつきます。色指定不可。


 リネンキッズの木のおもちゃは、こちらからお買い求めいただけます。
リネンキッズHP 木のおもちゃ
  1. 2011/01/09(日) 16:17:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年 ありがとうございました。



2010年・・・エネルギーに満ちた、たくさんの魅力的な人々との

出会いを通じて、たくさんの宝物を手にした一年でした。

そして、現代ならではの不思議な出会い・・・

顔は見えなくとも、ある意味その場所でしか築けないような

ネットを媒体とした特殊な繋がりが、それまで体験したことのなかっようなた

不思議なコミュニケーションを形作り、日常の一部分となった。

オンもオフも、この一年で出会った全ての人々に感謝したい。

生まれたばかりのLienKidsをあたたかく応援してくれたお客様、

本当にありがとうございました。


ずっと変わらず一番近くで支えてくれる家族、友達、

本当にありがとう。

皆さんに植えていただいたたくさんの種が、来年は小さな芽を出しますよう、

これからも頑張っていきたいと思います。

2011年もどうぞよろしくお願い致します。

Kishiko
  1. 2010/12/27(月) 20:18:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Japanese Christmas

Chiristmas in Japan is quite different from western countries.

Since our major religions are Buddhism and Shinto, originally, in old days,
we didn't have traditions to celebrate Christmas. But since after the western cultures
have started to be introduced in Japan,  Christmas became more popular
and people started to adopt it in their lives in their ways.

Christmas in Japan is more commercial event, so Dec. 25th is not a national holiday.
The funny fact is that during the night of De. 25th, all the Christmas decorations
in town is gone and the totally different decorations for the New Year will be set instead
just like a magic.
The biggest Christmas tree in Hiroshima

When the Christmas season is coming, you will see a lot of Christmas decorations
 all over town, all over Japan.
Here in Hiroshima, the huge display of Christmas lights called "Dreamination"
is set up and lighten up this time of year and a lot of people gather not only from
Japan but also from other countries to enjoy it.
Hiroshima Dreamination

Of course, people enjoy Christmas at home, too. When in December, many of us, especially
parents, get busy putting up the Christmas trees, researching their kids
 what they want from Santa Clause, making reservations for
Christmas cakes and so on..
On Christmas eve, some people enjoy  special meals with their families at home,
some people go out to town and have dinner at nice restaurants, and some have
parties. Since Christmas is not our original event, I don't think Japanese Christmas
religiously makes any sense.

But just like in the western countries, Christmas is an exciting event
mostly for Children.  Many children believe in Santa Clause and
they go to sleep on Dec. 24th wishing that he brings them presents
while they are asleep.
Usually in Japan, parents put Christmas presents besides their children sleeping
and next morning, they will find the presents with excitement.
I've heard that even Children give presents to parents for Christmas in
western countries but in Japan, we usually don't :(

Anyway, my 8-year-old son, Yugo still believe in Santa Clause, of course
and is now so excited about the Christmas day coming very soon!
Whether whatever religion we believe in , St.Nicholas keeps bringing dreams
to children all over the world, I guess.
  1. 2010/12/24(金) 23:23:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。